アトピーかゆみとの闘い

私は小さいころからアトピー持ちです。

歳をとり、最近は症状が落ち着いてきましたが汗をかいたり乾燥する時期は症状が出てきます。

そうなると、夜にかゆみで起きてしまい寝れないことあります。面倒くさい時は、ひたすら我慢しますが、どうしても我慢できない時はアイスノンなどの冷たいものを使います。

なんでも良いのですが、保冷剤やアイスノンなどをタオルに包んで患部に当てます。そうすると、少しの時間ですが、冷たさで感覚が麻痺して痒みはおさまります。

その間に寝るようにしています。
症状が悪化している時期は、お風呂に入った時などはあまり市販の洗剤を使わないようにしています。

皮膚が弱いので、シャンプーやボディーソープなどを使うと痒くなってしまいます。泡をきちんと落とそうと、しっかりシャワーを浴びても痒いことがあるので、そのような洗剤の使用は控えるようにしています。

お湯で体や頭を洗えば、意外と大丈夫です。1ヶ月間ずっとお湯で洗うなどはしませんが…。

あとは、家にいるときは髪を結ぶようにしています。結んでいないと、髪の毛先の刺激で顔周りなどが痒いこともあります。

こんな感じに、私は肌に触れるものなどには気を使うことがありますが、食べ物などでは特に気にしていることはありません。

ただ、TH1という成分を活性化させるとアレルギー反応が収まるので、私はラクトバチルス乳酸菌を摂るようにしています。

そのラクトバチルス乳酸菌が入っていて、夜もよく寝られるような成分が入っているサプリがオススメされていたので使っていますが、調子はいいようです。

アトピーのかゆみを軽減するサプリメント